アンダーコート

アンダーコート

車底面の錆対策にアンダーコートを!!

アンダーコートとは、その対策として車の底の隅々に、コート剤を吹きかけ塩分の付着を防ぐコーティングです。車両の底は普段目に付かない部分なだけに、気付いたころには手遅れになっていることもあります。あらかじめ万全な対策をなさることをお勧めします。
具体的には降雪地帯、台風の多い地域、海沿いの地域です。これらに該当する地域は、塩害による錆で愛車がダメージを追う可能性が高い地域です。車の底面の錆びは車の基幹部分に大きな損害を与えます。
アンダーコートとは、その対策として車の底の隅々に、コート剤を吹きかけ塩分の付着を防ぐコーティングです。車両の底は普段目に付かない部分なだけに、気付いたころには手遅れになっていることもあります。あらかじめ万全な対策をなさることをお勧めします。



Before

After

【無料】アンダーコートの出来る店舗を探す


車の底はボディと違い、単純な塗装もしくはそれすらされていないパーツが多数存在します。 塩害の多い地域でアンダーコートなしでは、新車であっても数年で車の底のあちらこちらで腐食が目立つことになるでしょう。 腐食が進行すると、穴があいたりミシミシ音がするなど、本来の機能を果たすことができなくなるばかりか、車検に通らず、愛車を手放すことになる場合もあります。さらにホイールとの接続部やブレーキ周りに腐食が発生すると、脱輪したり、ブレーキが利かないなど、ドライバーの安全にもかかわる非常に危険な状態にもなりかねません。末永く安全にお車に乗るために、当サイトはアンダーコートの施工を強くお勧めしております。


下記3つの地域のお住まいの方々は要注意

降雪地帯(雪被害)

雪道を走ると、車の寿命が縮まる!!
雪道では安全に走行ができるように、融雪剤や凍結防止剤が道路に撒かれています。
主に使用されている成分は、塩化カルシウム・塩化ナトリウム・塩化マグネシウムなど。これがむき出しの車両底面に付着すると錆を発生させます。

海沿いの地域(台風からの塩害)

海水には約3.5%の塩分が含まれており、海岸付近では塩分が含まれた風が常に吹いています。風で運ばれた塩分が車に付着し、錆の原因となります。

海岸沿いの塩害被害

台風の通り道となる地域はない陸地であっても油断してはいけません。台風は海面で発生するため、塩分を多く含んで車に襲いかかります。また街中に降り注いだ塩分は道路上に溜まり、走行時に巻き上げ車の底に付着、錆の原因となります。


アンダーコートは自分でできる

DIYでアンダーコートを行うことは可能です。オートバックスなどの量販店でスプレータイプなどで売られています。
価格もお手ごろで、スプレーするだけという手軽さから、人気の商品です。
しかし、車両の底は複雑な形状をしており、コーティングにムラが発生しやすい箇所です。しっかりと施工できていない場所があると、そこから腐食しはじめます。
愛車を長持ちさせるためには、プロに依頼する事をおすすめします。

ボディの錆にもしっかりと対策を

車はほとんどが鉄でできています。そのため、底部だけでなく、ボディがサビることもあります。底面同様ボディの錆も車体に穴が開く原因となったりします。
飛び石キズ、凹み、ひっかきキズ、鉄粉などの小さなキズも錆の原因となることがありますので、しっかりとしたケアが必要です。
塗装で覆われている部分は、一見問題なさそうに見えても、大小問わず様々なキズが付いております。
これらのキズに付着した塩分が、酸素や水分と反応して徐々に錆びさせていきます。


このような要因からボディを守るにはガラスコーティングがおすすめです。表面に保護膜を作り、ボディが直接ダメージを受けるのを防いでくれます。
また、その降下を維持するために、定期的なボディメンテナンスをする事も重要です。


Yes!カーコーティングでは、ガラスコーティングを始めオプションメニューのアンダーコートができる、
優良店をご紹介しております。下記より、お問合せください。

お近くのコーティング業者へ簡単1分で一括見積り

車種や条件を選択するだけで、その場ですぐコーティングの相場がわかります!見積シミュレーター
▲ このページの上部へ

アドバイザーが専門店をご案内します!
アドバイザーが専門店をご案内します!
Dpro
ウルゴ
セラミックプロ
フェニックス
洗車ソムリエ
アークバリア
KeePer
Quartz