ヘッドライト黄ばみ取り&予防

ヘッドライト黄ばみ取り&予防

ヘッドライトが黄ばむ原因!黄ばみの修復と予防方法とは!?

ヘッドライトが黄ばんでいると、どれだけボディをきれいにしても古びた印象を与えてしまいます。
「洗車しても落ちなかったからあきらめた」「ヘッドライトが黄ばむのはしょうがない事」と諦めていませんか?
安心してください。ヘッドライトの黄ばみは除去できます。



Before

After

ヘッドライトが黄ばむ訳

ヘッドライトが黄ばむ原因は、ヘッドライト表面のダメージが原因です。
ヘッドライトは、プラスチック素材の一種、ポリカーボネートを使用しております。
このポリカーボネートは、加工しやすく、ガラス以上の強度を持ちながら、ガラスより軽量であることが特徴です。
そのため、現在ではほぼすべての車種でヘッドライトの素材として採用されています。


しかし、一方で紫外線に弱いという特徴があります。長時間紫外線にさらされたポリカーボネートは劣化し、表面にダメージを受けていきます。
また、ポリカーボネートはアルカリ性の物質に弱いという特徴もあります。アルカリ性の洗車溶剤なども劣化の原因となっています。


ヘッドライトの黄ばみ修復2パターン

パターン1 研磨&コーティングでライトを透明に

ダメージを受け黄ばんだ表面を研磨、ツルツルにして新しい表面を作っていきます。
磨いただけでは、またすぐに黄ばみが発生してしまいます。
コーティング剤を塗布して、表面に新しい保護膜をつくり、紫外線や外的要因から保護しておくことが肝心です。

パターン2 新品に交換!

これが一番綺麗になります。ディーラーで購入と取り付けが出来ます。
しかし、とても高額です。車種によりますが、左右交換すると20万円~40万円程度かかってしまいます。
これからも長年乗られる方や、何をやっても綺麗にならなかった方におすすめです。


ヘッドライト黄ばみ取り&コーティング作業  


①周辺のボディが傷付かないようにマスキングテープで養生します。

②表面の傷んだ部分を研磨して取り除きます。
粗い目から順に細かい目に変えて研磨します。

③こちらも段階を踏んで磨いて仕上げていきます。
最近では、ヘッドライトスチーマーを使用した新技術もあります。

④コーティング剤を塗布して、乾燥させて仕上がりです。

⑤ヘッドライトの黄ばみが取れ、見栄えがよくなりました。

ヘッドライトの黄ばみ予防

磨き作業等が必要ありませんので、安価で施工できます。
メーカーや車種によって、黄ばみにくいのもありますが、黄ばんだり白ボケしたりするのがほとんどです。 綺麗なうちに保護膜を作っておきましょう。


ヘッドライトの黄ばみ予防は綺麗な内に!

お近くのコーティング業者へ簡単1分で一括見積り

車種や条件を選択するだけで、その場ですぐコーティングの相場がわかります!見積シミュレーター
▲ このページの上部へ

アドバイザーが専門店をご案内します!
アドバイザーが専門店をご案内します!
Dpro
ウルゴ
セラミックプロ
フェニックス
洗車ソムリエ
アークバリア
KeePer
Quartz