ヘッドライト黄ばみ予防

ヘッドライト黄ばみ予防

ヘッドライトの黄ばみ予防は綺麗な内に!

皆さんヘッドライトの黄ばみを防ぐケアはしていますか?
ヘッドライトは紫外線に弱く、長年放置すると黄ばんでくる特性があります。
現在の車において、ヘッドライトは車の印象をかたどる、大事なパーツです。
そのため、洗車やコーティングで愛車をきれいにしていても、
ヘッドライトの保護をおろそかにし、ヘッドライトが黄ばんでくると一気に車両が古臭く見えてしまいます。
皆様の大切なお車、末永くその美しさを保つためにもヘッドライトのコーティングをお勧めします。


ヘッドライトが黄ばむ前に対策を!ヘッドライトのコーティング

ヘッドライトの天敵である紫外線、これは表面に保護膜を作ってあげる事で、防ぐ事が出来ます。
そのためヘッドライトのコーティングが、黄ばみ防止策としてとても有効です。


また、新車購入時など、なるべく早い段階でコーティングを施すことをお勧めしております。
そうすることにより、紫外線からヘッドライトを長く守る事が出来ます。
また、黄ばんだヘッドライトを修復する際必要になる、研磨作業等が必要ありませんので、安価で施工できます。
「まだきれいだから」と油断せず、なるべく早く保護膜を作っておきましょう。


ヘッドライトが黄ばむわけ

ヘッドライトはなぜ黄ばむのでしょうか?それはポリカーボネートと言うヘッドライトの原料となる素材に原因があります。
ポリカーボネートとはプラスチックの一種で、加工、対衝撃度、重量の面で、ガラスより優れていると言う特徴があります。
しかし、このポリカーボネートは紫外線に弱いうえ、アルカリ成分の洗車溶剤などがかかることで、表面がダメージを負い、劣化してしまうという特徴も併せ持っています。
この表面の劣化こそが黄ばみの原因です。
そして、現在、車のヘッドライトはポリカーボネート製が一般的です。つまり、どの車でも、ヘッドライトの黄ばみが発生する可能性があります。


ヘッドライトの黄ばみが見た目を悪くする。さらには安全に影響することも。

ヘッドライトは車のフロントデザインを顔に見立て、「目」と呼ばれる事もある、デザイン上とても重要なパーツです。
さらに、一般的に現在の車はヘッドライトを大きくデザインし、その形状も様々ですから、ことさら車の印象に大きな影響を与えています。
そのため、このパーツが古臭く見えると全体的に古臭い印象になってしまいます。

また、ヘッドライトの黄ばみはヘッドライトの光量自体を低下させます。
場合によっては夜間走行が困難になるほどの低下をもたらすこともありますので、
安全面においてもヘッドライトの黄ばみは、とても注意すべき事項です。


ヘッドライトが黄ばむ原因がある!黄ばみは予防できるって本当!?

お近くのコーティング業者へ簡単1分で一括見積り

車種や条件を選択するだけで、その場ですぐコーティングの相場がわかります!見積シミュレーター
▲ このページの上部へ

アドバイザーが専門店をご案内します!
アドバイザーが専門店をご案内します!
Dpro
ウルゴ
セラミックプロ
フェニックス
洗車ソムリエ
アークバリア
KeePer
Quartz