夏に洗車すべき?夏の洗車のポイントは?

太陽が照っている

夏の暑い日は直射日光が強く気温が高くなります。車のボディも熱くなり手で触れないくらいの熱さになることも少なくありません。夏に限らず、車は汚れるため、休日を利用するなど洗車したい気持ちになります。夏は、突然の雨などにより、車が汚れることが多くなります。天気の良い夏の晴れた日は、なおさら冷たい水で気持ちよく洗車したくなります。
今回は、夏の洗車について、ウォータースポットなど車の塗装にダメージを与えないための洗車のコツや洗車環境、注意点を詳しく紹介します。

夏の洗車の注意点は?

夏の時期に洗車する際の注意点は、洗車時の環境が大切です。洗車方法については問わず、機械洗車もガソリンスタンド等での手洗い洗車、ご自身での洗車全て共通です。

夏の洗車は暑さが問題です。おおむね25度以上の炎天下での洗車はおすすめできません。暑い方が洗車で濡れた水滴がすぐ乾くため良いのでは?と安易に考えがちですが、乾いた後に白っぽく跡が残る「ウォータースポット」発生の原因になりますので注意しましょう。
夏の洗車は、車のボディ表面も熱くなっているため、非常に乾きやすい環境になりウォータースポットやシミに注意が必要です。また、カーシャンプーで泡立てて洗車している時点で、ボディが乾いてしまうとシャンプーのシミやムラが残ってしまいます。さらにボディに残った水滴はドーム状になることでレンズの働きをします。塗装面にダメージを与え、ウォータースポットを発生させてしまいますので注意が必要です。夏の洗車は、熱に注意し、ウォータースポットから車を守るため炎天下を避けることが最大の注意ポイントです。
風の強い日は、細かい埃や砂の飛散に注意が必要です。夏の洗車は、風の強い日も避けましょう。拭き上げ時に、細かい埃や砂がボディに付着していると傷の原因になります。また、風で水滴が乾きやすくなり、ウォータースポット発生の危険がありますので注意しましょう。

夏の洗車は純水洗車がおすすめ 純水とは?

水道水の中には、ナトリウムやマグネシウムなどのミネラル分が溶け込んでいます。水道水の、ナトリウムやマグネシウムなどを完全に除去したピュアな水が純水と呼ばれ、コンタクトレンズの洗浄液などに使用されています。夏の気温が高い時にミネラル成分の混ざった水道水で洗車して、拭き取る前に水滴がボディ上でそのまま乾くと、白いシミとなりウォータースポットやうろこ状のシミが作られてしまいます。しかし純水の場合、白くなる原因のミネラル成分が入っていませんので、透明感ある仕上がりと共に、洗車後のウォータースポットやうろこ状のシミの心配が少なくなります。

純水はコーティング施工車に適している水

純水で洗車することで、万が一拭き取る前に水滴が乾いてもシミになりません。また、拭き取り時の水滴残りに神経質にならなくて済むため、軽く拭き上げるだけで、きれいに仕上げることができます。摩擦をほとんど与えずに拭き上げるため、コーティングの被膜を痛めることがなく、コーティングを長持ちさせることができます。純粋洗車は、KeePerを展開しているガソリンスタンドなどの車のコーティングと洗車の専門店で行うことができます。夏の洗車は、自分で行うとウォータースポットやシミを残したり、コーティングを痛める可能性があるため、洗車のプロに任せてみましょう。

夏の洗車のおすすめ環境とは?

夏の洗車は、強い日差しに注意し、曇りの日を狙いましょう。ガレージなど屋根のある環境では、雨の日の洗車も可能です。水滴に日光が当たり、レンズ効果による塗装面のウォータースポットやシミを回避できます。
屋根のある環境に加えて、車の左右+前または後の3方向が囲まれている環境はベストです。直射日光にあたらず、雨や風の影響もなく、傷の原因になる埃や砂が付着する可能性が低くなります。洗車のプロが洗車を行う場合は、3方向を囲い少しでも傷が付きにくい環境を作り洗車を行っています。

夏の気温が上がりきらない早朝の時間帯や、気温が下がりつつある夕方の時間帯もおすすめです。早朝の場合は、日が昇るにつれて陽射しが強くなります。強い日差しでウォータースポットが発生する可能性もありますので十分注意しましょう。夕方の場合は、ボディに熱が残っていないか注意し、ボディが十分に冷えてから洗車を行うか、たっぷりの水をかけ冷やしましょう。照明等の環境がある場合は、ウォータースポット発生の可能性が低い夜間の洗車も可能です。夜間の洗車は、はっきりと見えない部分もあるため、洗い残しに注意しょう。ただし、夜間でも拭き取り作業はスムーズに行いましょう。時間をかけすぎると夏は気温が高いことから、乾いてしまい、ウォータースポットの原因になりますので注意しょう。

まとめ

夏の洗車はおおむね25度以下もしくは気温の低い曇りや雨の日、早朝や夕方以降の直射日光の当たらない時間帯に行い、水が乾いて発生するウォータースポットなど塗装のダメージに注意しましょう。炎天下のもとでは、車のボディ表面も熱くなります。ウォータースポットを発生させないためにも機械洗車も手洗い洗車も避けるようにしましょう。
洗車する場所は、日差しを遮れて埃や直射日光の影響が少ない、屋根があり3方向が囲まれた環境がベストです。洗車で使用する水は、水道水よりも、水道水のミネラル成分を取り除いた純水で洗車することで、シミの発生をおさえれます。完璧な洗車環境や純水を使用した洗車は、DIY洗車では難しいため、KeePerを展開しているガソリンスタンドなどの車のコーティングと洗車の専門店に相談するとともに、コーティング施工車は定期的にプロの手洗い洗車で透明感ある艶を復活させましょう。

アドバイザーが専門店をご案内します!
アドバイザーが専門店をご案内します!

関連記事一覧